タラバガニ

知っていますか?ワケありタラバガニお取り寄せ

酷暑も過ぎ、肌寒くなって来ました。寒風に当てられ身を縮こませていると脳裏に浮かぶのは鍋です。鍋、と言ったら憧れのカニ。中でもカニの王様タラバガニは一年に一度は食べてみたい高級食材です。
けれど、昨今の物価上昇と来年の消費税増税の風は今年の冬の風よりも厳しそうです。だから出来るだけ財布の紐を締めておかなければ、でも、カニは食べたい。そんな方にお勧めがタラバガニ通販でお取り寄せです。カニ料理専門店へ行くとなると、かなりの値段になってしまいます。かと言って、地域によってはスーパーでカニが並んでいない地域もある。そんな時はネットショップです。インターネット隆盛の今の時代、全国どこでもタラバガニを届けてくれるネットショップを利用しない手はありません。中でも、ワケありと説明されているタラバガニがお得です。ワケありとは、品質は同じでも形が少し悪かったり、水揚げの時点で足が折れてしまったりと、要は見た目が悪くなり商品価値が落ちてしまった物を指します。見た目の善し悪しだけで値段がかなり下がってしまうのです。品質や味は全く問題ないので、家庭で食べるとなれば断然ワケありのタラバガニでしょう。

タラバガニの一番美味しい食べ方を検証してみました

寒くなってきましたね。タラバガニが恋しくなる季節になりました。
昨今はカニと言えばお取り寄せ。中でも訳ありタラバガニの通信販売競争は激化する一方です。不況、消費税増税の現代日本、そして気候的にも厳しい冬になるであろう今年の癒しとなるカニ料理を少しでも安くおいしく食べてもらう為に、漁師の皆さんも、販売業者の皆さんも精を出しているのです。
さて、タラバガニと言えば鍋ですが、他にも美味しい食べ方はないのかと考えます。勿論鍋も美味なのですが、安くて美味しいタラバガニが手に入りやすくなっている現在、バラエティに富んだカニの食べ方もあってもいいのではないのでしょうか。お取り寄せのカニのほとんどはボイルされています。業者によってはまずは直接食べて下さい、と言っている方もいます。それも大変美味しそうですし、カニクリームコロッケにしても、身が沢山入ったコロッケは心が弾みます。ホワイトソースと相性が良いので、コロッケだけでなく、パスタと和えても良さそうです。鍋でも食べ切れなかったら是非試してみて下さいね。

タラバガニの旬と一番甘みが増し美味しくなる時期

食材にはそれぞれ旬と言うものがあります。
これはその食材が最も美味しく食べれる時でもあり、これを狙って食材を仕入れて料理を作る事で、その料理の味も更に美味しさを増してくれるのです。

タラバガニと言うのは、蟹の仲間ではなく、ヤドカリの仲間としても有名な話しですが、一般的に蟹が多く出回るのは冬場であり、冬場がタラバガニの旬だと思っている人も多いのではないでしょうか。

タラバガニと言うのは、何故このような呼び名が付いたのかと言いますと、スケソウダラの漁場とこの蟹の漁場が同じである事からも、鱈場蟹という名前が付いたのだと言います。
また、スケソウダラと言う魚は、冬場に漁が行われるのですが、タラバガニは北海道などでは1月から5月頃と、9月や10月頃に行なわれます。
そのため、この時期がタラバガニの旬になるのです。
また、北海道などでは流氷が去る時期でもある4月から5月にかけてが一番甘みが増して美味しくなると言われています。

食材を無駄にしないで食べるタラバガニのレシピ

冬に食べたくなる食材の一つにタラバガニがあります。お鍋に入れたり、ゆでたものをそのまま食べたり、おもてなしの料理としても使えるので、タラバガニはとても魅力的な食材のひとつでもあります。大きく見栄えもするので、たくさんの人数で食べる食事の時に出すと食事の席が豪華になることでしょう。タラバガニのレシピはいろいろありますが、カニというとどれもこれも食べるのには手間がかかります。子供が食べる場合や、はさみを使ってもうまく身がとれないことで無駄にしてしまう部分もあるので、無駄にしないためにもうまく使用できるレシピを考えることが大事でしょう。大きな身はそのまま食べることができますが、ほぐして細かくなってしまった部分は、チャーハンやグラタンなどに入れるといいでしょう。カニの風味が生かされますし、細かい身も無駄なく食べることができます。大きな身を使う料理と、細かい身を使う料理、それぞれ覚えておくと便利でしょう。